どんな肌にも保湿が1番大事!肌別スキンケア方法

実は保湿というのはどんな肌にも絶対的に必要なものであり、これが肌トラブルを回避するために効果的であるということをご存知でしたか。

そこで、ここでは、肌タイプ別の保湿に関するスキンケア方法をご紹介したいと思います。

このページでわかること

乾燥肌

乾燥肌の方は保湿には常に入念かと思いますが、保湿できるようなお肌にしてあげなければいけません。

そこで、洗顔の仕方からこだわらなければいけないのですが、とにかくクレンジングオイルでも洗顔フォームでも細かい泡を立ててることが大切です。

ホイップ状になった泡を、ギュッと顔に押し付け、洗い流す時も絶対にこすらずぬるま湯をパッとかけるだけで良いです。

そうすると、お肌を傷つけず、毛穴も広がらないのでお肌の水分を逃がしません。

その後、化粧水、乳液の順でつけますが、この時もギュッと指の腹で押すように顔につけ、最後に美容液、もしくは保湿クリームを同じようにつけるだけですぐにこう岡を実感できますよ。

アトピー肌

乾燥肌のレベルが高くなったもの、それがアレルギー肌と思っていただいて良いでしょう。

この肌タイプは乾燥肌のスキンケアと全く同じなのですが、必ず選んでほしい基礎化粧品がセラミド入りのものです。

セラミドは、肌のバリア機能を整える効果のある成分です。

アトピー肌というのはこのバリア機能が壊れているため、肌の乾燥がおこりやすくなっていますので、これを元に戻してあげる効果があるセラミド入りの基礎化粧品は非常に効果的です。

オイリー肌

オイリー肌の方であっても洗顔の仕方は基本的に先にご紹介したものと一緒です。

ただし、基礎化粧品をつける方法は、ギュッと化粧水や乳液を押し込むまでは一緒です。

しかし、あまり保湿効果があり過ぎると、さらにオイリーな肌はオイリーになってしまいますから、できれば、乳液までにしておきましょう。

化粧水だけだと肌の水分は蒸発してしまいますが、乳液は油分です。

油分は「ふた」となりますから、化粧水をお肌から逃がさないような役割をしてくれるので、これだけでも十分なのです。

そして、できれば、さっぱりタイプの基礎化粧品をえらぶようにしましょう。

しっとりタイプでは、保湿効果がアップされ、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなりますので、基礎化粧品選びはしっかりと行いましょう。

肌のタイプによってスキンケア方法は異なります。

上記からあなたの肌タイプに合わせたスキンケアを選んで行えば、きっと理想のお肌が手に入りますよ。